メニュー

男性だけに加齢臭がでるわけではありません加

男性だけに加齢臭がでるわけではありません

加齢臭=中年男性、というイメージも強いですよね。
けれども決して男性だけに加齢臭がでるわけではありません。
加齢臭は女性にも表れます。
女性が多く持つ女性ホルモンが加齢臭に関係してきます。

例えば歳を重ねて女性ホルモンの分泌が減ってしまうと加齢臭が出やすくなります。
女性ホルモンの減少によって引き起こされるのは更年期障害や肥満だけではないのです。
年齢を重ねることで女性も加齢臭が出やすくなるのです。

女性は皮下脂肪がつきやすい体質で、さらに出産などでも脂肪がつきやすくなります。
もともと筋肉も男性より少ないですから脂肪はつきやすい一方で、中々落ちません。
そうして肥満に近づいていくわけです。

喫煙や飲酒などの男性の加齢臭の原因も、女性にも言えることですから、なるべく避けた方がいいでしょう。

では加齢臭=中年男性というイメージはなぜ強くなってしまったのでしょうか?

皮脂腺が活発で皮脂が出やすい男性は、脂肪酸などが酸化しやすく体臭が強くなりがちだと言われています。
このような仕組みが男性の加齢臭率を高めているのです。
逆に女性の場合では、男性よりも皮脂腺の働きが低いので、男性に比べて加齢臭が出にくいのです。

男性はだいたい40代頃から加齢臭が強くなる傾向にありますが、女性は遅めでだいたい50代が平均的だと言われています。
40代で閉経を迎える女性はそれほど多くないので、女性ホルモンも急激に減少するというわけではないのです。
女性が50代で加齢臭が出やすくなるのは、閉経して女性ホルモンが減少してしまうことも関係しています。
女性ホルモンの減少で皮脂の酸化が進むなどの影響が出てくるため、加齢臭が出やすい年齢は、男女で10歳も差が出てくるのです。

女性でも加齢臭は無縁ではありませんから、油断しないようにしましょう。
閉経を迎える前に加齢臭対策をしておきましょう。



皮脂の酸化の原因となる活性酸素について

活性酸素が増えると皮脂の酸化が加速します。
あまり耳にしないという方も多いでしょうが、アンチエイジングのためにも活性酸素は抑制するべきものです。
活性酸素が皮脂の酸化を促してノネナールになります。
参考にしたサイト>>>>>加齢臭 シャンプー

【活性酸素が発生する原因とは】
原因については幾つか挙げられます。
・紫外線
・喫煙
・ストレス
・加工食品
・排気ガス
・激しい運動
・電磁波
どれも生活習慣の乱れや社会的要素が関係していますね。
紫外線や電磁波には改善の限界がありますが、喫煙や加工食品は心がけ次第でいくらでも避けることができます。
改善できるものはどんどん改善していきましょう。
本来人の体と言うのは活性酸素の量を調整する機能が備わっていますが、加齢とともにその機能が低下してしまいます。
機能の低下によって活性酸素の影響が大きくなり、加齢臭の原因となるノネナールができるというわけです。
活性酸素による酸化を抑えるためには、「抗酸化作用食品」を積極的に摂取していきましょう。

【抗酸化作用食品の1つ、抗酸化ビタミン】
抗酸化ビタミンとして有名なのは、ビタミンEとC、そしてβカロテンです。
・ビタミンE
老化を防ぐというアンチエイジング効果があるとして美容でも人気のビタミンでs。
油脂が参加するのを抑えます。
ビタミンCと一緒にとることでさらに効果がアップします。
しかしながら熱に弱いという弱点もあるので、熱を通さずに食べられる方法を選びましょう。
アーモンドや落花生・ピーナッツは熱を通さずビタミンEを摂取できます。
野菜ならばほうれん草・ニラ・シソの葉、かぼちゃなどがあります。
果物ならばキウイやブルーベリー・プルーンがオススメです。
魚ならば鮭・鯖・ししゃもやブリがオススメですよ。

・ビタミンC
抗酸化作用をもつビタミンとして最も有名です。
摂取するだけでなくレモン汁などをタオルにつけて皮膚をマッサージするのもオススメです。
皮脂腺をキレイにできますので加齢臭対策になります。
果物にはビタミンCが豊富に含まれています。
レモンやみかんなどの柑橘類、アセロラや苺やキウイなどの酸味があるものがビタミンCが豊富です。
野菜であればピーマンやブロッコリー、ほうれん草などの緑が鮮やかなもの、ゴーヤやししとうやトマトなどの夏野菜です。

・βカロテン
抗酸化作用が強く、体内に摂取されるとビタミンAになります。
特にトマトやほうれん草やかぼちゃやニンジンなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。
パセリや春菊やモノヘイヤ、小松菜もオススメですよ。


代償性発汗とは

手汗の治療法については、さまざまな方法がありますが、治療により起こりうる副作用についても知っておく必要があります。
起こりうる副作用の中でも、特に「代償性発汗」に注意しなければなりません。
この代償性発汗とは、汗腺を切断する手術により起こるケースがあります。
手術で手のひらの発汗量を抑えることができたけれども、その代わりに身体の他の部位の発汗量が多くなってしまいます。そのため、「代償性発汗」と名付けられました。
体温を調節するには発汗作用が重要であるため、手術で手汗を抑制した場合、他の部位の発汗量を増加させることで、身体全体から出る汗の量を調整しなければなりません。
そのため、手術で代償性発汗が起こることは致し方ないといった考えもあります。
とはいっても、今度は他の部分で異常発汗が起こってしまっては、新たに悩みが増えるだけという結果になってしまうので注意しなければなりません。
現在、代償性発汗をできるだけ抑えるためには、片手ずつ手術するという方法が採用されています。この時に、代償性発汗が起こる場所や症状の程度が確認できますので、両手をいっぺんに手術する場合に比べてリスクが少なくなります。
当然のことですが、手術を受けた方全員に代償性発汗が起こるわけではありません。
また、手汗の手術を受けたことで起こる代償性発汗は上半身に症状があらわれるとのことです。
ところが、どの部分に代償性発汗が起こるのか、症状はどの程度であるのかは、代償性発汗が起こるまではわからないようです。
つまり、手術してみなければ、どのような経過をたどるのかわからないということです。
この点はあらかじめ理解しておくようにしてください。





TOP PAGE